アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「その他」のブログ記事

みんなの「その他」ブログ


【竣工7年8ヵ月目】 大掃除 ケルヒャーの威力やいかに!?

2016/01/09 22:32
昨年末の大掃除で、以前から試してみたかったケルヒャーの高圧洗浄機をレンタルして使ってみました!この手の製品の本当の実力が気になっている人も多いと思うので、レビューしますね。
画像
今回はレンタルプロントさんでK5.900サイレントというモデルをレンタルしました。当初は下位機種のK4.900サイレントを指定していたのですが、レンタル中とのことでご厚意により同額で上位機種を貸していただきました。K5.900サイレントは、家庭用シリーズとしては最もパワーがあり、かつ動作音が静かなのが特徴です。


物が届いてびっくり!写真では伝わりませんが、かなり大きな箱に入って届きました。しかも結構重い!
画像



ケルヒャーを使って掃除した部分は、3階のルーフテラスと壁面、1階ガレージ床と壁面です。


まずルーフテラス。
画像
ルーフテラスの汚れは空中に舞った土埃が付着したものや藻だと思われますが、これらは結構きれいに撮れる印象です。ただ、テラスは滑り止め加工されており表面がザラザラしているので、多少汚れが残る感じでした。


壁面は元々光触媒を塗ってあったので、高圧洗浄するとかなり綺麗に汚れが落ちる印象でした。
画像



ルーフテラスに置いてあったトイチェアは雨染みによる変色が激しく、ケルヒャーの洗浄力に期待していました。
画像



ところが、イスの表面が恐らく太陽の紫外線で劣化していたため、ケルヒャーのパワーによりイスの表面が粉々に飛び散ってしまう事態となってしまいました。ヒャー!!!
画像



同じく屋外コンセントのカバーについても、シルバーの塗料が剥げてしまいました。
画像



オーニングのケースについた雨染みはケルヒャーでは全く落ちず、洗剤を付けた濡れ雑巾で拭きとると、ご覧のように簡単に汚れが落ちました。
画像



ここまで、思ったよりケルヒャーの印象は良くありませんでした。


次に1階のガレージです。


竣工以来、ほうきによる掃き掃除くらいしかやってきませんでしたが、徐々にモルタルの表面に藻が発生し、どんどん黒ずんできていました。コンクリートブロックも同じです。そこにケルヒャーを使ったところ、驚くほどの効果を発揮しました。まずは動画をご覧ください。


洗浄したところとしていないところの差がくっきりわかります。本当に面白いほど汚れが落ちていきます!ただ、問題はすっきり汚れを落とせる洗浄範囲が直径10cm程度と非常に狭いので、広範囲を洗浄するには時間と根気が必要です。


しかし頑張った甲斐あって、この違い!新築時の輝きが戻ってきたように感じました。素晴らしいです!

Before
画像

After
画像

Before
画像

After
画像



ただし、壁面に何かが擦れて付いてしまったような汚れは、ケルヒャーの洗浄力をもってしてもほとんど効果は感じられませんでした。


猫が体を擦り付けてできた跡などには効果なし
画像
ということで、結論ですが、ケルヒャーは人間がブラシを使って落とせるような類の汚れであれば効果が期待できますが、洗剤やクレンザーなどを使わないと落ちないような汚れに対しては、ケルヒャーの高圧洗浄をもってしても効果はあまり期待できません。ケルヒャーは万能ではありませんが、ツボに入れば大きな洗浄力を発揮するということが確認できました。

我が家でも置き場所があれば買っても良いと思いましたが、残念ながら置き場所がないのでこの先も数年に一度レンタルして使えばいいかな、という結論です。

また、動作音についてですが、サイレントシリーズの実際の静かさですが、本体から発する音は本当に結構小さいと思います。ただ、ノズルから勢いよく水が噴射される際の音が結構大きく、結局はご近所さんに気を配りながら使うことが強いられると感じました。

記事へトラックバック / コメント


【竣工7年7ヵ月目】 カスタムインナーイヤーモニター ONKYO IE-C3

2015/12/06 01:47
私と同世代の方なら小学年の頃、テレビ番組の歌謡曲やアニメ主題歌をラジカセで録音した経験があるんじゃないかと思います。テレビのスピーカーから出てくる音を、ラジカセの内臓マイクで拾ってカセットテープに録音する方法です。家族が会話するとその声も一緒に録音されてしまうため、「今から録音するからしゃべらないでね!」って声を強めて言った記憶が私にはあります。ただ、所詮稚拙な録音方法なので音質なんてあったものではなく、そもそもモノラル録音でした。それでも満足するのが普通の小学生の感覚なんでしょうが、私の場合はそうではなく、もっといい音で録音したいという欲求がありました。私がオーディオに興味を持ったきっかけは、たぶんそれだと思います。

その後、初めてポータブルカセットプレーヤー(WALKMANではない安いやつ)を誕生日プレゼントで親に買ってもらったり、お年玉を貯めて当時王道だった59,800円のCDプレーヤーを手にした時の喜びは今でも忘れません。そしてさらに時は流れ40代になった今も、オーディオへの興味が薄れることはありませんでした。

会社員をしていると一番集中して音楽に浸れるのは通勤中の電車の中です。でも当然電車の中は走行による雑音が大きく、いかに外部からの雑音を遮断してオーディオが持つ本来の音質を汚さず鼓膜に伝えることができるかが高音質で聴くためのポイントとなります。なので密閉型と呼ばれるオーバーヘッドタイプの高音質ヘッドホンを使うのが手っ取り早いのですが、かさばるのと、夏は汗っかきの自分にはちょっと使うのをためらいます。そこでイヤホンを使うことになるのですが、iPhoneに付属してくるようなタイプのイヤホンではなく、耳栓をするように耳の穴に突っ込んで使用するカナルタイプが遮音性で優れています。私はかなり初期のころからカナルイヤホンに注目して使ってきましたが、昨今はいわゆるポタアン、ハイレゾの流行りに乗っかって、目を疑うような値札を付けられた高級イヤホンが結構売れているようです。

そして今、熱を帯びてきたのがカスタムインナーイヤーモニターと呼ばれる、自分の耳の形をかたどった世界に一つだけのオリジナルイヤホンです。音楽番組を見ているとほとんどの歌手が耳に大きめの詰め物をしているのがわかると思いますが、あれがカスタムインナーイヤーモニターです。実際に自分の耳の形に合わせてカスタムメイクするので、文句のつけようがないくらい遮音性が高く高音質が売りですが、いかんせん値段が高い。ただ、やはりいい音を求めていくと最終的にはコレに行きつくようなのです。

私もいつかは手に入れようと考えていたのですが、まだもう少し先だろうと思っていた矢先、とある機会に恵まれ、破格でカスタムインナーイヤーモニターを作ることになりました。今回作ることになったのはONKYOのIE-C3というモデルです。特徴としてはこれまでのカスタムインナーイヤーモニターと比較してコンパクトである点と、製作期間が最短1週間程度と短い点です。まだ本モデルについてはネット上の情報もあまり多くないので、以下に耳の型取りの様子をレポートしたいと思います。

関東では八重洲のショールームで型取りをしてくれます。
画像



カスタムインイヤーモニターの展示コーナー
画像



ショールームの一角が型取りコーナーとなっています。
画像



型取りで使う道具
画像



型取りの手順は次のような感じです。

ステップ1:耳の穴の中の状態を確認します。傷などがあると安全のために型取りできない場合があるようです。

ステップ2:耳の穴の奥にスポンジを入れます。
画像

型取り材のシリコンが耳の穴の奥まで行きすぎないようにするストッパーの役割ですね。取り出しやすいように糸に繋がっています。


ステップ3:いよいよ型取り!シリコンを専用の注射器を使って耳の穴の中に注入します。
画像



注入し終わったらシリコンが硬化するまで5分程度待ちます。
画像



完成!固まったシリコンを耳から抜く時の感覚がスポン!っていう感じで気持ちよかったです。
画像

ちょっとグロい気がしなくもないですが…。ここから先の作業はショールームとは別の工場で行うので見ることはできませんが、どうやらこの型をデジタルスキャンして3Dプリンタでシェルを作るようです。なので納期が早いとのこと。カスタムということもあって、シェルやケーブルの色も何種類の中から選択可能です。どのような組み合わせを選んだかについては次回完成時のご報告の中で紹介したいと思います。完成はちょうどクリスマスの頃になりそうです。到着が楽しみ楽しみ♪


ところで、リビング兼ダンススタジオのメインスピーカーを入れ替えることにしました。こちらについても追々ブログで紹介したいと思っています!
画像

画像

記事へトラックバック / コメント


【竣工4年10ヵ月目】 初!スマート家電

2013/03/02 12:03
最近「スマート○○」という言葉を耳にするようになってきました。
一番最初に出てきたのはもちろんスマートフォンだと思いますが、
ここ1年くらいではスマートテレビやスマート家電なんて言葉が目立っているかと思います。
でもたいていの場合、スマートテレビやスマート家電を買っても、
肝心のスマートな部分の機能は、使い方が難しい、そもそも必要性を感じないなどの理由から
実際には使わない(使えない)なんてケースも多そうです。


そんな情勢の中、ついに我が家にも初となるスマート家電がやって参りました。

画像

上の写真の中にそのスマート家電が写っているのですが、何かわかりますか?
そうです、スマート体重計です!

画像

Withings WIFI BODY SCALEという海外製品で、ヨドバシカメラやビックカメラでも売っています。
この体重計の特徴、つまりスマートな部分は、体重計に乗るだけで
測定した体重と体脂肪率をネット(無線LAN)で自動で独自サーバーにデータを保存し、
手持ちのスマホやパソコンからサーバーにアクセスすることで自分のデータの確認できることです。
さらにグラフ表示もできるので、体重や体脂肪率の変動が視覚的にわかりやすく把握できます。


実際に計測する時の動画です。



体重・体脂肪率・BMI値が順に表示されます。
計測の前に体重計に乗り降りするのは、ゼロリセットをして精度を高めるためです。
偏って乗った場合はうまく測定できないので、「もっとバランスを右前に!」的な意味の矢印が出たりします。
「JUN」の文字はアカウント名(ニックネーム)です。


で、スマホではこんな感じで確認できます。

画像


画像


どうですか?体重はさほど増えていないのに、体脂肪率は順調に増えているのが簡単に把握できますね。
つまり筋肉が減って脂肪がふえているということですね(汗)
国内製品でもパソコンやスマホと連携できる体重計はあるのですが、
スマホを体重計にタッチしたり、無線でもBluetoothなので体重計の近くにスマホがないと通信できません。
その点この製品は無線LANなのでスマホの存在を意識する必要がないのです。
さらに利口なのが、測定時の体重から乗った人を判別できるので、
家族で一つの体重計を使って測定しても、ちゃんと個別のデータが管理できるようになっています。


右肩上がりのグラフを見てしまうとさすがに「やばい、痩せなくては」と思いますし、
降下するグラフを見れば「やった!痩せた!」という喜びに浸れます(笑)
お値段はちょっと張りますが、間違いなく「使える」スマート家電と言えると思います。
デザインも洗練されているのでこれから買うならイチオシの体重計です!

記事へトラックバック 0 / コメント 4


【竣工4年9ヵ月目】 さらば、MINOLTA

2013/02/11 23:50
長年使い続けてきたMINOLTA(ミノルタ)のカメラシステムを手放すことにした。

画像

そもそも自分が写真・カメラに興味を抱いたのは小学校中学年の頃だった。初めて手にした一眼レフカメラは親父が持っていたキヤノンFXというカメラだったと思うが、繊細で精巧な金属製のメカに対して、子供ながらにカッコいい!欲しい!と思った記憶がある。

その後月日は流れ社会人になってまもなく、自らの給料でキヤノンEOS1000 QDというカメラを買った。一応一眼レフだったが、マウント部分も含めプラスチック製で、ローコストを絵に描いたようなモデルだった。

さすがに物足りなくなって、ちょっとステップアップしニコンF-601に買い替えたのだが、この頃からリバーサルをやり出して、露出の正確さが求められるようになってきた。今のように撮影して液晶画面ですぐに確認し、気に入らなかったらもう一度撮り直すなんてことはできなかったので、試行錯誤の日々が続いた。そんな中、カメラ内蔵のスポット測光機能と露出メーターをうまく使って百発百中の露出コントロールができると謳う馬場信幸の本と出会った。そして、その本の中で勧められていたカメラがミノルタだった。

画像

これが自分にとってのミノルタ初号機、α-507si
馬場先生の本の通りに撮影すると確かにうまく撮影でき、思い通りにコントロールできる喜びからカメラ熱に火が付いた。


そして気が付けばレンズカタログの表紙のように並べられるほどレンズ沼にはまっていた。

画像

しかし時は過ぎ、世の中は一気にデジタルカメラの時代へ移行した。キヤノン、ニコン、フジ、オリンパス、ペンタックスと、各社から次々にデジタル一眼レフが発売された。しかし、ミノルタからは一向にデジ一が発売されなかった。レンズ資産を生かすため簡単にマウント移行などできるはずもなく、ミノルタからのデジ一をただひたすら待った。

そしてようやく発売されたのがα-7 DIGITALだった。その時既にミノルタはコニカミノルタとなっていた。ちょっと野暮ったいデザインと癖のある発色だったが、使い勝手の良さとクリアなファインダーは正にミノルタ。コマンドダイヤルがすり減って使いなくなるほどこのカメラを使い倒した。

さらに月日は流れ、フルサイズセンサーを搭載したデジ一が手の届く価格になってきた。ここでもキヤノン、ニコンはすぐに製品を出してきたが、コニミノからは音沙汰なし。そうこうしているうちに何とコニミノがカメラ市場から撤退という悲しい結末に。しかし、幸いにも技術と技術者はそのままソニーに引き継がれαシリーズは命をつないだ。旧ミノルタファンは複雑な気持ちでソニーからのフルサイズデジ一を待つことになった。

そしてついにAマウント(旧ミノルタマウント)初となるフルサイズデジ一α900が発売となる。一気に高画素化され、キヤノンやニコンの度肝を抜く革新的なカメラだった。今のD800のような存在だった。しかし自分的に購入には至らなかった、他社と比較して明らかに高感度に弱かったからだ。それでも自分は他社には移行しなかった。2000万画素をオーバーするモデルが出現してくるような時代の中で、600万画素のα-7 DIGITALを使い続け、ソニーの次期フルサイズ機を辛抱強く待った。

待つこと4年。昨年秋、ようやくソニーからフラッグシップを謳うα99が発売された。並々ならぬ期待を胸に発売前の先行展示品を見に銀座ソニービルへ向かった。しかし、正直がっかりだった。α伝統のフラッグシップに与えられる「9」シリーズに抱く期待感には遠く及ばない「中身」だった。ミノルタの精神は薄れ、いい意味でも悪い意味でもソニーオリジナルのカメラという気がした。そしてこの時、マウント変更を決心したのだ。

まもなく一部の機材を残しミノルタシステムを売り払う。非常に名残惜しいが、ここはキッパリとAマウントを捨て、新しい映像の世界へ足を踏み込んでみよう。自分にとって写真を撮影する楽しさを教えてくれたのは間違いなくミノルタだった。

ありがとうMINOLTA。そして、さらばMINOLTA!

記事へトラックバック 0 / コメント 2


【竣工3年12ヵ月目】 PRADA phone by LG L-02D

2012/05/30 00:12
GW初日、それまで使っていた携帯電話を春スキーのゲレンデで紛失してしまいました。
落としたことにすぐに気が付いたのですが、既に雪に覆われており見つからず。(色は黒なのに)
かなりブルーな気持ちでGWを迎えたのでした。。。


そんな嫌なムードを自ら払しょくすべく、
以前から気になっていたアノ機種をゲットしてしまいました。


PRADA phone by LG L-02Dです!

画像

ソレは、PRADAの財布が出てきそうな立派な箱に入っていました。

画像

表面にPRADAのロゴ以外の表記はなく、スリープ状態だとほぼ真っ黒な板と言った感じ。
ごくごくシンプルなデザインは自分好み。iPhoneにも通ずるセンスの良さを感じ取れます。

画像

スリープを解除すると初めてホームボタンなどが光ります。

画像

スリープを解除した時や充電時は、電源ボタンの周囲が白く光ります。
何ともニクイ演出です!

画像

現在のホーム画面。アイコンデザインもシンプルです。
うーん、カッコいい!!


本当なら本来のデザインの良さを生かすため裸で持ちたいところですが、
やっぱり落とした時のことを考えてケースを購入。

画像

ネットで調べて最もPRADA phoneの雰囲気に似合ったものと思った
Zenus Prestige Minimal Bar ブラック 本革 Z491P3をチョイス。
ケースにしてはビックリの価格でしたが奮発しました。

画像

素材はPRADA定番の素材サフィアーノを使用しているため、相性は抜群です。

画像

サイドのボリュームボタンはケースの上からでも何ら問題なく操作できます。
また、端末本体に触れる部分がビロード生地になっていたり、
皮端部の処理が丁寧など、製品としての品質が高く感じられます。

画像

ひょんなことから手にすることになったPRADA Phone、
iPhone4とスマホ2台持ちになってしまいました(汗)


ちなみに操作感はやっぱりiPhone4の方が一枚も二枚も上手と感じます。
ハードウェアの処理能力だけではPRADA Phoneも負けていないんですけどね。
でも、今のところ手にした時の満足感はPRADA Phoneの勝ちです!


記事へトラックバック 0 / コメント 500


【竣工3年11ヵ月目】 GF2をドレスアップ

2012/04/30 20:16
ちょうど1年前に購入したミラーレス一眼デジカメ Panasonic DMC-GF2 は、
正方形の画角で構成される本ブログの写真撮影で大活躍中です。

また、ハリウッドのカメラにも負けない!?雰囲気で撮影できる動画機能は、
何気ない散歩中の家族ですら、まるでショートムービーの主人公じゃないかと
思うような存在感で映し出してくれます。

そんなGF2を愛でるように、ちょこっとドレスアップしてみました。
ノーマルのGF2との違いが分かりますか?

画像

本来アルミの外装なんですが、「貼皮」を貼りつけているのです。

画像

一見、平面部分とグリップの貼皮のセット品のように見えますが、
実は異なるメーカーの貼皮を組み合わせています。
平面部分がAki-Asahi、グリップ部分が近代インターナショナルです。
Lumixという、家電カメラをイメージさせるロゴをあえて隠しています。

画像

貼皮を貼るだけでずいぶんと雰囲気が変わります。
さらにパンケーキレンズにはドームフードをステップダウンリングをかませて取り付け、
レトロ感を演出しております。若干ケラれますが(汗)

画像

さらにさらにレトロ感を出すために、ライブビューファインダーも買ってしまいました。
見た目だけではなく、ファインダーを覗いて構えるカメラ元来のスタイルをとると、
カメラが安定してぶれにくいという実用面もあります。
GF2は本体に手振れ補正がなくぶれやすいから、意外と重宝します。

画像

掌に納まるGF2は気軽に、でも味のある写真(ムービー)が撮れ、
我が家では最も頼りになるカメラなのです。

つぎはこんなレンズあんなレンズが欲しいなぁ…


記事へトラックバック / コメント


【竣工3年9ヵ月目】 イーモバイル Pocket WiFi GP02

2012/02/05 01:09
新しいWiFiルーターを買いました。(正確にはタダなので貰いました?)
イーモバイルGP02というモデルです。

画像

ここ1年、iPhone4(ソフトバンク)のデータ通信の遅さに閉口し、WiMAXを併用していました。
しかし早いと定評のWiMAXも移動中の電車内(東急東横線)では接続が度々切れてしまい、
再接続にもえらく時間がかかり、弱いと言われていた地下は本当につながらないのです。
このまま不便さを感じながら使い続けていても意味がないと思い、
解約違約金のかからないタイミングでイーモバイルに乗り換えたのです。


買い替えを検討するにあたっては、再び失敗しないように試用サービスを利用しました。
1980円でWiMAX、イーモバ、FOMAのWiFiルーターが一週間使い放題というサービスです。

画像

左からUQ WiMAX、イーモバイル、フィールドモバイル(FOMA)の端末です。
下の黒いのが今まで使っていたWiMAX端末です。(白いのと同じ物です。)
さっそくSpeedtestというアプリを使ってiPhone4で計測してみました


【左】UQ WiMAX(自宅室内)  【右】フィールドモバイル(自宅室内)

画像


【左】イーモバイル(自宅室内)  【右】イーモバイル(移動中の電車内)

画像

さすがにUQ WiMAXは上り下りともスピードが出ていますが、
イーモバイルも上りはWiMAXに全く引けを取らないスピードが出ています!
FOMA回線を使っているフィールドモバイルは厳しい結果。
注目は移動中のイーモバイルのスピード。自宅で計測した時とほとんど変わっていません。
そしてスピード以上に安定感がWiMAXより全然いい!再接続も早いです。


簡単に使用感をまとめるとこんな感じです。


【安定接続時のスピード】
WiMAX≒イーモバイル>>>フィールドモバイル

【移動時のスピード】
イーモバイル>WiMAX>>フィールドモバイル

【移動時の安定感】
フィールドモバイル>イーモバイル>>>WiMAX


この結果を見てイーモバイルに乗り換える決心をしました。


キャリアが決まったらどこのお店で買うかを検討しました。
端末代は一時期の携帯のように本体料金0円は当たりまえなので、
抱き合わせサービスの充実具合に着眼してお店を探しました。
その結果たどり着いたお店がモバイルキングというお店です。
そして数あるセット販売の中からチョイスしたのが、こちら

画像

端末代がタダに加え、商品券16,000円と24,000円相当のオプション品が付くというセットです!
(表示は端末代1円となっていますが、購入時に値引きされて0円になります。)
ちなみに毎月の支払いはWiMAX時の3,808円とほとんど変わらないので、
オマケ分まるまる得をしたとも言えます!


実際に届いた商品がこちら。

画像

大容量バッテリー、ソーラー充電式バッテリー、ACアダプタ、メモリーカードなど盛りだくさん!
しかも二束三文のサービス品とは異なり、十分使い道のあるものばかりです。
特に大容量バッテリーは付属バッテリーだと持ちの悪いGP02には必需品です。


その大容量バッテリーをGP02に取り付けてみました。

画像

笑っちゃうくらい出っ張ります!


さらに専用の裏蓋を取り付けると、

画像

でっぷり・・・

でもお蔭で朝から晩まで約10時間くらいは電池が持ってくれるようになりました。
スピード・安定性・持続性も納得の、真に使えるWiFiルーターをようやく見つけました!


記事へトラックバック / コメント


【竣工3年5ヵ月目】 車の話

2011/10/16 22:05
たまには家とは関係のない話を書いてみようと思います。

愛車、JEEP チェロキーです。

画像

回転ムラの大きい4リッターエンジンを搭載し、街乗りの燃費はリッター4km台。
ハンドリングは大甘で、ブレーキの効きは本当に悪い。
コシのない後部シートクッションは古〜い電車の座席のよう。
スライドレバー操作のフルマニュアルエアコン。
内装も外装もパーツのつなぎ目は隙間だらけ。
と、いかにも古いアメ車的雰囲気むんむんのチェロキー。

画像


画像

しかし、このカクカクっとしたエクステリアデザイン。
今では珍しい角形ヘッドライトと無骨なデザインのグリル。
コンパクトな車体に四駆なホイールの組み合わせ。
チェロキーの最大の魅力はこのスタイリングです。

そして、トルクの太い4リッターエンジンは、
意外にも起伏の激しい日本の土地と相性が良かったりします。
キーをひねった時のエンジンサウンドはいかにも大排気量って感じで力強いです。

ちなみにグレードはスポーツ。年式は1996年。
つまり、もう丸15年も乗り続けていることになります。

本当は先月車検を迎えたのを機に車を買い替えるつもりだったのですが、
まだまだ走れる「彼」を見ていたら、なんだか手放すのが惜しくなってしまい、
もうあと二年乗ることにしたのです。

まだまだ走れると言っても色々な部品が消耗しているのも事実。
今回の車検ではいつもよりお金をかけて整備し、
さらにちょっとだけイメージチェンジをしてみました。

画像


画像


画像

グリルをメッキタイプに、ウィンカーレンズをクリアタイプに交換しただけ(もちろんDIY)ですが、
だいぶ印象が変わり、車自体が新しくなったような錯覚を覚えました。
ホールと合わせグリルのメタリック感がカッコいいです!

画像

そしてフロアマットも傷みが激しかったので交換しました。
KAROというフロアマットでは有名なメーカーのものです。
こちらも前とだいぶ印象が変わり、車内が明るく広くなったように感じます。
ほぼ垂直に切り立ったウッド調ダッシュボードとの相性もいい感じです。

今回はあと二年のつもりで車検に通しましたが、
イメチェンしたらもっと乗っても、それこそ走れなくなるまで乗ってもいいかな?
なんて思ってきちゃいました。

チェロキー君、これからもよろしく!

記事へトラックバック / コメント


【竣工2年10ヵ月目】 大震災

2011/03/19 19:39
ぐらっときた時、自分は都内にある会社で仕事をしていました。
揺れ方から東京から離れた場所で大地震が起きたのだと直感しました。
十数分後、911テロ事件の時同様、テレビには信じられない光景が。。。

電話がつながらない中、メールで家族と親族の無事を確認し、
落ち着きを取り戻した頃、家の状態を妻に尋ねてみました。
「特に異常はない。壁に立て掛けてあった鏡が倒れたくらい。」とのこと。

結局自宅に帰れたのは翌日でしたが、確かに建物自体の損傷は何も見当たらず、
壁に立て掛けてあった姿見の鏡とテーブル天板が倒れてたままになっていました。
幸い鏡も割れず、他に壊れた物もありませんでした。

しかしホッとしたのもつかの間。今度は原発事故や計画停電の報道で、
首都圏も徐々に混乱に巻き込まれていくのを実感しました。
妻と話し合い、取り急ぎ非難用具を玄関先に出しておくことにしました。

ところが肝心の懐中電灯が、ない!
あるのは子供用のおもちゃの懐中電灯が二つ。
早速地元のスーパーに買いに行くも売り切れ。しかも電池すら無い。
地震発生の翌日夕方には、少なくとも自宅から車で15分圏内にある
スーパーやホームセンターにはどこにも懐中電灯の在庫がありませんでした。

そこで急遽、実家から懐中電灯とラジオを借りてきました。
自宅にあったアウトドア用具もあさって、停電に備えたものが、これです。

画像

一番役に立ちそうなのが電池で光る蛍光灯ランタンでしたが、点灯せず。
電池蓋を開けてみると、案の定…

画像


ずっと電池を入れたままで物置に保管していたので、
電池の液漏れで端子が腐食してボロボロ。手の付けられない状態でした。

結局、停電時にまともに使える懐中電灯は一つだけ。
GWまで続くと言われている計画停電、これではこの先の生活に不安を感じます。
そこで、ダメもとで日本一の電気街、秋葉原に懐中電灯を探しに行ってきました。

秋葉原に着いたのは夕方5時頃でした。
最初から開けていなかった店もあったのでしょうが、
半分くらいの店が閉まっていました。明らかに異常な雰囲気。
とりあえず日本最大規模のヨドバシに行きましたが、懐中電灯も乾電池も全て完売。
他もダメかな?と思った矢先、露店で懐中電灯と乾電池を売っているのを発見。
見るからに質の悪そうな商品でしたが、見ている間にも飛ぶように売れていくので、
とりあえず懐中電灯二つと乾電池をいくつか買いました。

何とか目的を果たしたので帰ろうとすると、
いかにもしっかりした感じの懐中電灯が目に留まりました。まだあった!
しかし値段を見てびっくり!安いもので4000円。9000円近くするものも。
お店の人に話を聞くと、品質は良い商品だが高いので普段は売れない。
でも今回は計画停電の影響でどんどん売れている。
今あるのが最後の商品、との事。

商品を手に抱えたまま少し考え込みましたが、買っておくべきとの結論に!
お店の助言もあり単三電池が使えるモデルを二種類買うことにしました。

画像

LED LENZERというドイツのメーカーの製品で、
大きいのが単三4本を使うP14というモデルで、小さいのは単三2本を使うP6というモデルです。

画像

真ん中に高輝度白色LED素子が見えます。
ユーザーでの交換はできず、メーカー修理対応になるようです。
恐らく一生モノの買い物をしたことになったのだと思います。

帰り道、夕方のラッシュに人身事故が重なり、横浜方面のJRが全てストップ。
品川では京急に人が殺到し改札に長蛇の列。
やむなく新幹線で新横浜に出るルートで帰りました。




ところで、皆さんはこの数日、震災を受けてどのような行動を取られていますか?
募金、物資の買いだめ、レジャーの自粛、などでしょうか。。。

今回の震災で死者の数は阪神大震災を上回り、戦後最大となりました。
しかし、辛い避難生活の日々を送っている人はもっと多いでしょう。

今は東北被災地の復興だけでなく、福島原発の復旧、
しいては日本経済全体の復興を日本全国民が考える時でしょう。

まずは可能な限り、募金をし、買いだめを止め、正しい情報を収集し、
その上で、今まで以上に活発な活動(仕事もレジャーも)をするべきではないでしょうか。
それが日本全体の復興を早めると思います。

また、福島原発に対する警戒は必要ですが、
必要以上の過敏反応は経済の悪循環を招くと思います。
この際、原発や原子力に関する知識を深め、
福島原発の事故とチェルノブイリやJCO事故との違いをしっかり把握しませんか?

とにかく、冷静に、平常心で、活発に、で行きましょう!

記事へトラックバック 0 / コメント 2


【竣工2年7ヵ月目】 スペーシアの怪

2010/12/04 12:18
冷え込んだ朝目覚めてみると、レースカーテンに、
無いはずの怪しい水玉模様が。

画像

何か蕁麻疹のように見えてゾッとしました。
この模様の正体は…





真空断熱ガラス「スペーシア」のマイクロスペーサー部分に発生した結露でした。

画像






これはスペーシアの構造図です。

画像

つまり、マイクロスペーサーのある箇所は外ガラスと内ガラスが接している部分なので、
断熱性が落ちていると言うことなんでしょうね。


いずれにしても原因が分かったら先ほどのカーテンの模様が
美しい幾何学模様に見えてきたら不思議です。。。


記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
【竣工2年5ヵ月目】 スツール&プラネタリウム
【竣工2年5ヵ月目】 スツール&プラネタリウム またまたご無沙汰です! ネタはあるのですが、書く時間がなかなか。。。 暇を見つけて少しずつアップしていきますね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/12 00:21
【竣工2年2ヵ月目】 初めて見る我が家
【竣工2年2ヵ月目】 初めて見る我が家 現在、建て替えのため隣地が更地になっています。 そこに現れた我が家の西側外観。 建築時は建物の陰になっていましたが、今は丸見え。 初めて目にした光景です!(写真をクリックで拡大) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/21 23:57
【竣工1年2ヶ月目】皆既日食
【竣工1年2ヶ月目】皆既日食 今日午前10時50分ごろ、屋久島以南奄美大島以北の限られた地域で皆既日食が観測されました。また、これらの地域以外でも太陽が大きく欠ける部分日食がありました。日本で皆既日食が観測されたのは実に46年ぶりのことでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/22 23:09
Beijing 2008
Beijing 2008 開会式最中のスナップです ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2008/08/11 03:15
【着工6日目】地縄張り&アンジェラ・アキ
【着工6日目】地縄張り&アンジェラ・アキ 昨日友達と久しぶりにアンジェラ・アキのライブに行ってきました。彼女がメジャーデビューするかしないかという時期以来、約2年ぶりのライブでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/25 13:39
祝!地鎮祭&工事請負契約
祝!地鎮祭&工事請負契約 本日めでたく地鎮祭を執り行うことが出来ました!建築ブログではお決まりの地鎮祭記念写真を自分もこうやって掲載することができ、本当に感無量です! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2007/11/19 23:29
自邸竣工!?
自邸竣工!? ここ数日、夜な夜なSketchUpでのお絵かきに時間を費やしています。そして、ようやくバーチャル自邸が竣工いたしました!でもただ単にお絵かきして遊んでいたわけではないですよ。平面図や模型だけでは把握し切れなかった要素を確認するのが目的です。また、3Dで見て初めて気がついたポイントもあります。ということでバーチャルオープンハウスです! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/14 22:03
来週末、工事請負契約へ!
来週末、工事請負契約へ! 先日工務店さんを交えた2回目の打ち合わせがありました。見積で漏れていた設備や本来導入したかった設備を復活させた場合、どの程度の増額になるか確認しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/04 13:34
水盤天窓(water pool)
水盤天窓(water pool) 建築家の三幣さんに設計をお願いして、初めて模型&図面を見せてもらった時のあの衝撃は今でも忘れられません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/09/02 02:10
告知!
告知! 久しぶりの更新になってしまいました。更新できなかったのは工務店側の見積り調整に時間が掛かっていてなかなか新しい情報が上がってこないのも一つの理由ですが、もう一つの理由は「ダンスレッスン」で忙しい!ということなのです(汗) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/06 11:02
無印良品の家「窓の家」
無印良品の家「窓の家」 先日、無印良品の家の新しいシリーズ「窓の家」を見に有楽町に行ってきました。無印の家は建築家の三幣さんに設計をお願いするよりも前、真剣に検討していた時期もあったので今回の無印の家もどのようなものなのか気になっていたのです。しかし期待していたコンクリートの家ではなくこれまでの無印の家同様、SE工法による木造でした。そんな期待感とは裏腹に実際の「窓の家」はなかなかのものでした。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/04/08 22:51
壊れ始める…
壊れ始める… 今日は少し遅い初詣に川崎大師に行ってきました。商店街でくずもちを買っていると振袖を着た柴犬が通りがかったので思わずシャッターを切ってしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/05 23:17
家作りと関係ないですが、
家作りと関係ないですが、 私の生まれは東京の下町ですが、4歳で横浜に越してきました。以来社会人になって実家を出るまでの約20年間、横浜で育ちました。現在は再び都内に暮らしていますが、土地探しを始めるにあたりまず探したエリアは横浜でした。やっぱり横浜が好きなんです。私の体には横浜の血が流れているのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/12 08:03
怖い話。。。
昨日怖い話しをつづっているブログを発見しました。ウチもRCでいく予定なので他人事ではないです。http://rcbuild.exblog.jp/ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/10 11:31

トップへ | みんなの「その他」ブログ

建築家と建てる家 what's going on? その他のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる