アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「補修」のブログ記事

みんなの「補修」ブログ


【竣工7年7ヵ月目】 床下漏水

2015/12/23 13:42
画像

1階水割りの床には暖房器具用のコンセントが取り付けられています。(上の写真の丸い部分) このコンセントが床下を覗くことができる唯一の部分なのですが、2年ほど前、床下に薄く水が溜まっているのを発見しました。その後、水が引いたので様子を見ていたのですが、徐々に水が溜まる頻度が増え、そのうち一向に水が引かなくなってしまったのです。

画像

さすがにおかしいと思い、設計士の三幣さんに見て頂いたり、保証機構の検査員にも見て頂きましたが、これと言って原因がわかりませんでした。そこで、とりあえず風呂場のコーキングの怪しい部分を自分で打ち直して様子を見ることにしました。

怪しい部分というのはここです。
画像


角のコーキングが痩せて隙間ができています。
画像


今回は様子見の補修なので、自宅に余っていた壁紙用のコーキング材を活用しました。
画像


最初は大雑把にコーキング材を塗りこみます。
画像


その後、指の腹で表面を馴らします。
画像


表面を綺麗にしたら、すぐにマスキングテープをはがします。
画像


完成!素人作業にしてはうまくいったと思います。
画像


その後、経過を見ていますが、床下の水が徐々に無くなっています!やはり今回補修した部分が漏水の原因だったようです。完全に乾ききるか、さらに経過を見ていきたいと思います。
画像
記事へトラックバック 0 / コメント 2


【竣工6年4ヵ月目】 ガラスエッジシール交換

2014/09/28 22:58
ご無沙汰しております!
実に丸1年ぶりの更新となりますが、何事もなかったように普通に書きますね。


いつもの我が家の洗面所。何か気になる…

画像

ガラス扉の隙間を塞ぐエッジシールが…

画像

経年変化で黄色く変色しています!
2年ほど前から徐々に気になっていたものの、なんとなく放置していましたが、
ここ最近は劣化が進み割れてしまった部分もあり、水滴が浴室の外側に飛んでしまうので交換することに!


もちろんこの程度のことならDIYですので、まずは部材を取り寄せました。

画像

カット販売できないということだったので、標準長である2.5mのまま届きました。長い!


新旧並べてみると、変色の具合がすごいですね!

画像



あとは必要な長さにニッパーでカットして、ガラスエッジにはめ込んで完了です。

画像

本来の透明感が復活しました!たかがエッジシールですが、
新しいものに交換しただけでお風呂場の雰囲気がより明るくなった気がします♪


我が家も竣工6年目に突入し、劣化が目につくところもチラホラ。
様子を見ながら補修していきたいと思っていますので、その際はまたアップしたいと思います!


記事へトラックバック 0 / コメント 2


【竣工4年12ヵ月目】 壁の穴

2013/05/04 10:30
春を迎え緑たちの成長期。もれなく雑草もぐんぐん育ちます。
久しぶりに敷地内の草むしりをしていたところ、ふと外壁に違和感を感じました。

ガスメーターの下あたりの…

画像

この一角。

画像

エアコン配管や電力線を室内に引き込む穴のまわりが…

画像


画像

隙間だらけです!
どう考えても配管を伝って雨水が中に入ってしまう状態ですよね。
当然内側から穴を塞いでいる可能性もありますが、このまま放っておくわけにもいかず、
ホームセンターでパテを買ってきて充填しました。

画像


画像


画像

もし内側から止水されていなかったらと考えるとゾッとしますが、
とりあえず今は塞がっているのでヨシとしましょう(汗)

記事へトラックバック / コメント


【竣工4年11ヵ月目】 グローエ K4 スプレーヘッド交換

2013/04/07 22:33
早いもので我が家もまもなく竣工後丸5年が経過しようとしています。
ここまで大きな不具合はありませんが、細かい部分では問題が無いわけではありません。
今回はそのうちの一つをご紹介。


ちょっと背伸びをして導入したキッチン水栓、グローエ K4

画像

日本製品だと泡沫吐水とシャワーの切り替えが水を出しっぱなしでできるのが当たり前ですが、
海外製品だと一度止水してからでないと切り替わらないタイプがほとんど。
唯一その機能を有していたのがK4でした。


そのK4の切り替えスイッチが壊れたというのが、今回の不具合です。

画像


画像

このスイッチだけを取り寄せられないかグローエジャパンに問い合わせたところ、
シャワーヘッド一体でしか扱いがないことで止む無くそれを注文。

画像

施主支給する際にも利用したヒッツさんにて注文しました。
<GROHE>
品番:46575000
商品名:K4キッチン混合栓用スプレーヘッド
販売価格:8,000円(定価:10,000円)


交換作業は何てことないです。
まず古いシャワーヘッド付け根の締め付けネジを外します。

画像


次にホースをシャワーヘッドから引き抜きます。

画像


あとは逆の手順で新しいシャワーヘッドを取り付ければ完了です。

画像

これでまた数年は気持ちよく使えそうです。
ここで突然ですが、水栓のお掃除ワンポイント情報をお伝えします!


一見きれいに見える水栓ですが…、

画像


近くで見ると水垢が醜いです!

画像

水垢はこびりつく前に、こまめに柔らかい布でふき取るのがベストですが、
毎日やり続けるのはなかなか面倒臭いですよね。
そこで、数日に一度、シンク全体を掃除するようなタイミングの時に、
一緒に水栓の水垢も落としてしまいます。


方法は簡単。普段使っているスポンジに普段使っている食器用洗剤を付けて軽くこするだけです。

画像


あとは水を掛けて泡を流せばこの通り。ピカピカになります!

画像

世の中には水垢専用洗剤が色々出ていますが、こまめに掃除できるなら
経験則的にこの方法がお手軽だし効果てきめんですよ!

記事へトラックバック / コメント


【竣工4年1ヵ月目】 トイレの取っ手

2012/06/19 18:22
久々に我が家に手を入れました。

場所はコチラ。3階のトイレ(の引き戸)です。
一見、取っ手が無いように見えますが、

画像

扉の端に溝が床から天井まで彫ってあり、手を掛けて引き戸を開けることができます。

画像

一方トイレの内側から扉を見ると、

画像

溝が無いです。なぜ無いのでしょう?自分にもわかりません。

画像

扉と壁との間の隙間が手掛けになり一応扉を開けることはできるので、
特に建築家や工務店に直してほしいとも言わずに4年が過ぎました。
ただやっぱりちょっと不便だし、手を掛ける際に壁を汚してしまいます。(特に子供が)
そこでトイレの内側に新たに取っ手を付けることにしました。

画像

衛生器具と言えばKAWAJUN。安い割に品質が良くてお気に入りのブランドです。
限りなくシンプルなものをチョイスしてネット直販で購入しました。
DH-751-XCというモデルで、本来は扉をサンドイッチするように取り付けるタイプです。
ですが今回は片方だけを使います。

取り付け方は簡単!
まずは取り付け穴を扉の厚さの半分くらいまで開けます。

画像

次に座金を木ネジで固定します。

画像

そしてクロムメッキされた取っ手を座金に被せてネジで固定し、完成。

画像

だいぶ使い勝手が良くなりました♪

画像


記事へトラックバック / コメント


【竣工3年6ヵ月目】 ポッキリ

2011/11/29 23:49
ちょっとだけ背伸びして導入した、超お気に入りのバスタブ
Tform KALDEWEI Classic Duo

画像

先日、風呂に入ろうとしたら、あるべきものがないことに気が付きました。





ポッキリいっちゃっていました、栓を操作するハンドルが。
あぁ、なんて無残なお姿に。
しかも抜けなくなったお湯がそのまま残っているし。。。

画像

犯人は嫁さんでした。
なんでも普通に掃除していたらポロっと取れてしまったそうな。 ホンマでっか!?
でも責めても元に戻るわけでもなく、さっそくパーツ注文することに。
ちなみに操作できなくなった栓はスプーンを隙間に引っ掛けて持ち上げ、
何とか残り湯を排出することに成功。





ところでTformは施主や最近は設計事務所にも直接販売はしてくれないようなので
注文できるか心配だったのですが、ティーフォルム事業部に電話してみたらあっさりOKでした。

画像

しかも注文した翌日には届いたのでビックリ! ドイツ製ですね。
ちなみにTformで扱っているバスタブのハンドルは全製品共通だそうです。
代引き送料込で4,620円(税込)でした。高っ!




壊れたものと新品を並べてみました。

画像

見事に根元からポッキリいっています。
なんでも想定以上の負荷が掛かるとバスタブ裏側のメカニカルな部分が壊れる前に、
この部分が壊れるよう設定されいるそうです。本当かな?
確かに軸の付け根はわざと貧弱な造りになっているようにも見えます。





さっそく残っていた軸部分をラジオペンチで引っこ抜いて新品を装着。

画像

元に戻ってホッ♪
Tform KALDEWEIを使っている方は多いと思いますが、
ハンドルの扱いには注意したほうが良さそうです。
ちなみにホーロー製のバスタブ本体は何と10年保証なんですね!!


記事へトラックバック 0 / コメント 2


【竣工3年4ヵ月目】 外壁補修

2011/09/18 23:03
新居に住み始めて迎えた三度目の初秋。
今日の空は本当にキレイでした。

画像

だいぶブログの更新を怠っていました。
職場で異動があり、以来自由な時間が激減。

でも今日は久しぶりに自分の時間ができ、晴天にも恵まれヤル気が湧いたので、
ちょっと前から気になっていたことをやりました。





これ↓が気になっていることです。

画像

この距離だとわかりづらいので、もうちょい近づくと。。。





見えてきました。

画像






外壁の欠けです!

画像






写真だとそれほどでもないですが、実際にはかなり目立ちます。

画像

推測ですが、傷の高さ的に軽トラの荷台がぶつかった跡ではないかと思います。
我が家のガレージはオープンかつ間口が広いので、
方向転換に利用する車がぶつけていったのかもしれません。
とにかくこのまま放置できる性分でもないので、直すことに。





今回の補修の主役はセメントです。
水と混ぜ合わせると3分程度で固まり始めるという
ものすごい速乾性のあるセメントです。

画像






このセメントと水(5:2)をビニール袋に入れてモミモミします。

画像






ビニール袋の先っちょを切ってヘラの上に少しだけ絞り出します。

画像






最初は傷口にラフに刷り込みます。

画像






ヘラと指の腹を使って、少し厚く盛って成形。
乾く前はグレーがかった色ですが、

画像






乾くと真っ白になります。

画像






最後にペーパー掛けして肌を整えれば。

画像






ほぼほぼ傷が消えました。

画像

偶然にもセメントの地の色合いが外壁塗料の色合いとほぼ一緒だったので、
無塗装でも問題なさそうです。

もう数か所、気になっているところがあるのですが、
また次回お伝えしようと思います。






記事へトラックバック / コメント


【竣工2年11ヵ月目】 オートロック交換

2011/04/16 22:21
我が家は玄関に、i-TOUCH SLIMというオートロックを採用していました。

画像

専用カードキーを入れた財布をかざすだけで開錠できるので便利で、
扉が閉まると自動的にロックが掛かるので鍵のかけ忘れも防げます。


そんな重宝していたi-TOUCH SLIMですが、
何かの拍子で回路が壊れたようで、異常動作するようになってしまいました。
メーカーサービスマンに見てもらいましたが改善せず、
泣く泣く交換することになってしまいました。


壊れた機種は既に生産中止・在庫なしということで、
i-TOUCH SLIM Tシリーズという新製品を導入することになりました。

画像

真っ白い扉に真っ黒のオートロックが目立ちます。
本来は黒・白・シルバーの三色展開なのですが、
実際に在庫を抱えているのは黒だけということで、ちょっと残念。

画像

でも意外と違和感無く、黒は黒で精悍でいい感じです♪


新製品になってテンキーがタッチパネル式となり、
真っ黒のパネルに白い文字が浮き出る仕掛けとなっています。

画像

鍵を忘れた時や、片手がふさがっている時も、
暗証番号をタッチ入力すれば鍵を開錠することができて便利です!


さらに新製品ではFeliCa搭載携帯電話(お財布携帯)や、
非接触型ICカード(電子マネーカード)もキーとして登録することができます。
実際の動作を動画でご覧下さい。↓



ちなみに旧型でも携帯がキーとして使えると言われていたのですが、
実際には動作が不安定でした。新型ではバッチリです!


今回交換する羽目になってしまい、多少の出費にもなりましたが、
おかげで使い勝手はこれまで以上に良くなりました。
これから自宅を新築するケースはもちろん、後付が可能な扉も多いので、
オートロックを使ってみたい方にはお勧めの製品です。
また、今回は国内代理店の営業さんが直接交換作業を行ってくれましたが、
対応が早くいので安心感もあります。
※当初TACEという社名でしたが、ソニックブレインに変わっています。


唯一の難点はセンスの良い外側のデザインと比べ、内側がちょっと野暮ったいことかなぁ。

画像
記事へトラックバック / コメント


【竣工2年10ヵ月目】 壁面角補修

2011/03/26 22:19
1階玄関入ってすぐのところにある洗濯機置き場です。
何も変わったところはないように見えますが…

画像


良く見ると角に傷が。

画像

洗濯物の出し入れでカゴなどがぶつかったりして、
表面のモルタルが徐々に欠けてきてしまったのです。

我が家の1階は平面図を見ると分かりますが、平行四辺形で構成されているため、
場所によっては90度未満の鋭角な角が存在します。
シャープな印象をもたせるために、試験的にこの角だけ丸めずにいたのですが、
やはり強度的に問題があったようです。

一方、最初から角を丸めた場所では欠けは発生していません。

画像


そこで、欠けてしまった部分の補修とあわせ、
選択置き場の壁面角に丸みを持たせることにしました。





まずはサンドペーパーで角を落とします。

画像






綺麗に角が丸まりました。

画像






次に塗装部分をマスキングします。

画像






そして竣工時に補修用として取っておいたペンキを使って塗装。

画像






3回ほど重ね塗りして完了。

画像






写真では判りにくいですが、
角が綺麗になっただけでずいぶん印象が変わります。

画像


モルタルの壁面は、実は補修が楽なのです♪

ただ、同じペンキを使っていても、今回塗った場所と比べると
もとの壁の白はわずかにベージュがかっています。
広い面積を塗った場合はその差がもっと顕著になるのでしょうね。。。



記事へトラックバック / コメント


【竣工2年6ヵ月目】 トップライト改良工事<フィルム施工>

2010/11/19 23:35
今日はトップライト改良工事の初日の様子をお伝えします。
ちなみに改良工事の全日程はこんな感じです。


初日 足場組み立て
2日目 フィルム施工
3日目 ロールスクリーン取付(DIY)
4日目 足場解体


足場組み立て時は平日に行ったので自分は自宅不在。
嫁さんに監督業を任せて行いました。
仕事から帰ってくると…

画像

ドドーンっとリビングに結構立派な足場が組まれていました!





こちらは階段室側の足場。

画像

階段の上にうまい具合に足場が組まれていました。
試しに両方の足場に上ってみましたがちょっと怖かったです。
でも普段見ることのない角度から眺める我が家は新鮮でした。





翌日、いよいよフィルム施工が始まりました!
まずは養生。フィルム施工では水をたくさん使うのです。

画像






フィルム施工の七つ道具。

画像

フィルム施工からは想像の付きにくいバケツとスプレー、
そして中性洗剤とキッチンペーパー。





まずはフィルムを貼り付けるトップライトの形状に合わせ、専用カッターでカット。

画像






次にトップライトにたっぷり水を霧吹きフィルムを貼り付けます。

画像

上の写真はリビング側のトップライトですが、
天窓用ブラインドのガイドワイヤーが邪魔をして施工が大変そうです。





それでも2時間かからずにリビング側の作業は終了。
養生を剥がします。

画像






次に階段室側の施工です。

画像

こちらは邪魔をするものがないので多少は作業が楽そうでした。





続いてガラスキューブの立面部分。

画像

完全に北側に面するガラスですが、夏の西日が入ってくるので施工します。





さらにガラスキューブ東側のジャロジー窓にも施工しました。
ジャロジー窓1枚分の大きさに合わせてカットしたフィルムを貼っていきます。

画像

画像






こうして全てのフィルムが貼り終わりました。

画像

最後に施工状況を確認して全ての作業が完了です。
・施工後1週間は窓掃除をしない。
・ガラスとフィルムの間の水泡が長いと2ヶ月くらい残るが、いずれ自然となくなる。
等の説明を受けて業者さんはお帰りになりました。


ちなみに施工後の写真を撮っていないのは施工前と見た目は変わらないからです。
シーグフィルムの特徴のひとつは透明度が91%と非常に高いことです。
これから本格的な冬のシーズンに突入しますが、
結露防止効果をどのくらい発揮してくれるのか期待です!!


次回はロールスクリーンDIY取付編をお伝えしまーす!
 
記事へトラックバック / コメント


タイトル 日 時
【竣工2年6ヵ月目】 トップライト改良工事<概要>
【竣工2年6ヵ月目】 トップライト改良工事<概要> 普通の窓がほとんどない我が家ですが、室内は明るく快適に過ごせます。 その訳は、リビングと階段室の天井にある大きなスリット状のトップライトのおかげです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/14 22:47
【竣工2年2ヵ月目】 竹塀補強工事
【竣工2年2ヵ月目】 竹塀補強工事 二年点検時に合わせて下見をした竹塀補強工事を行いました。 工事内容としてはいくつかの金具を使って躯体と合体させ、 高さ3mもある竹塀を補強し、揺れ・ばたつきを抑える効果をねらうものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/14 22:59

トップへ | みんなの「補修」ブログ

建築家と建てる家 what's going on? 補修のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる